| ホーム | TOP | 団日誌書込み | |

Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] → Next

今日は共産党DAY 2005/09/14 (水)
個人質問初日は4人登壇のうち3人が我が日本共産党。
田畑、崎本、私・・・でした。
それぞれ個性ある質問でよかったと自負しています。
デモやはり先輩達はすごい、決めるところはピッしと決めて
さすが!とおもいます。
私は今回、選挙ばかりに追われてめちゃくちゃ準備不足でのぞみました。
でも直前ですが現場の方々にヒヤリングしたことはばっちり役立って
よかったです。現場主義は大切ですね。介護保険の質問をしたのですが
個々の具体的ケースでしめしたので、高齢者の実態がわかっていただいたのでは?と思います。
TVを見た友達も「よかったよ、貫禄もでたね」とメールをくれました。
でも咳がとまらないのは困った!壇上は特にライトのせいか、喉がいがいがして質問中も本当に苦しかったのです。
夜まで咳は続き・・・アーしんどかった、でも咳で1`痩せていた。やったー!

記・竹永光恵

林潤さんって? 誰? 2005/09/13 (火)
 暑い日中が続いていますが、お元気ですか?暑さ寒さも彼岸までというけれど、地球温暖化で、日本の季節感覚が変わるかもしれないと思うこの項です。ちなみに、今年の中秋の名月は9月18日です。忙中閑ありで、おいしい抹茶でも一服いかがですか。
 さて、総選挙は終わりましたが、岡山市は市長と市議補欠選挙があるのです。(10月2日ー9日)そうです。前市長が任期途中で辞めたからです。今後は市長選挙と市議選挙は永久に分離されます。2年毎に選挙です。市長選にかかる費用は9000万円。選挙のたびに思い出して下さい。
 そうそう林潤さん(35オ)を紹介します。今回2議席の市議補欠選挙に立候補を予定している若き挑戦者です。岡山大学大学院(物理)修了。環境・災害調査会社を経て現在団体職員。医学生に関わる仕事をしてます。1・7才の男の子のパパです。趣味はサイクリング・写真など。
 「子育て真最中だから、大切にしたいくらし、環境、教育」「普通の人の幸せのために働きたい」とはじめて街頭から訴えました。新鮮度は抜群です。
                   崎本とし子・記 

9.11はテロの日 2005/09/12 (月)
4年前の9月11日はテロの日だ。アメリカの貿易センタービルの崩れ行く様子をご記憶の方は多いと思う。自民党をハイジャックした小泉氏はこの日を解散・総選挙の投票日と定めた。結果は自民党の圧勝に終わった。まさにテロだ。小選挙区・比例代表並立制の恐さを思い知らされた結果だった。あの貿易センタービルのように日本が壊れてゆくのを見る思いがする。自民党(296)・公明党(31前回よりー3)で327議席ですから、その議席は衆議院の2/3を超えた。しかし、国民は郵政民営化以外に憲法改悪・庶民大増税を許可したのだろうか。かならずしもそうとは言えないはずだ。となれば、やはり、「たしかな野党」が必要だ。現状維持とはいえ貴重な9議席。われわれは地方から党の国会議員と力をあわせて引き続き国民の苦難打開のためにがんばります。テロのあの暴挙から立ち上がり、平穏で幸せな日々をとりもどすために。      田畑けんじ

NoTitle 2005/08/30 (火)
今日から衆議院議員選挙が公示となりました。
そのため、選挙が終わるまで団日誌の更新は休ませていただきます。
選挙終了後は毎日(土日は除く)更新いたしますので、よろしくお願いいたします。
                       市議団 事務局

8.24・声明のお詫びと訂正 2005/08/29 (月)
8月24日に開催された岡山市臨時市議会で萩原誠司岡山市長が市長退職の申し出をした理由に関し、声明の一部に問題があるとのご指摘をいただいた。それは「感動産業と鳴り物入りで宣伝した3丁目劇場の失敗」という部分である。わたしたちは簡潔な文章のなかでも誤解を招くことがないよう万全を期すべきである。とすれば、「3丁目劇場の失敗」ではなく、「よしもと3丁目劇場の失敗」と正確を期すべきであった。よしもと3丁目劇場は萩原市長(当時)がみずからの政策として出発時から天満屋優遇との批判を振り切って実施した。しかし、よしもと撤退という事態を迎え、失敗した。だが、3丁目劇場の運営をまかされた同劇場運営協議会はよく奮闘され、「まちづくり」におおいに貢献され、また、こんにち奮闘されていることは周知の事実です。この点が声明のなかで欠落をしていたことはわたしたちの落ち度でした。関係者のみなさまにお詫びするとともに、声明の一部に不十分さがあったことを反省し、「8.24・声明のお詫びと訂正」をださせていただきます。ご批判ありがとうございました。今後の3丁目市民劇場の発展に期待をするとともにわれわれも協力します。     日本共産党岡山市議団長 田畑けんじ

ヒトラー再来か? 2005/08/29 (月)
いよいよ明日から衆院選。小泉首相は郵政民営化の是非を問うために衆議院を解散すると言った。しかし、否決されたのは参院だからこの衆院解散は筋の通らない屁理屈だ。だが、財界と強大な権力を背景に解散権を行使した。この小泉首相の強権政治に国民は身震いした。身震いの中身は二通りだ。強権に期待するヒーロー願望の国民と仏・デュポン社の後ろ立てでドイツの総統となったヒトラーの再来を見た国民と。否、もう一通りあった。政治に嫌気がさした無関心層と。ヒトラーの「嘘も百篇言えば真実になる」は有名な言葉だ。「郵政民営化を実行し、公務員を削減し、税金投入を削減し、日本をよくする」という小泉首相の嘘もこれにあてはまるだろう。あたかも郵政事業に莫大な税金が使われているように嘘をついて見せた。が、郵政には税金は使われていない。そして、裏では財界に減税を約束している。昨日、07年度に消費税を上げると自民・武部幹事長がフジテレビでポロリと漏らした。選挙がすめば国民大増税だ。この嘘に国民がだまされるかどうか。さあ、選挙だ!
     田畑けんじ

高島団地(仮称)元気の館の問題点 2005/08/26 (金)
JR高島駅の北側には、約800個の市営住宅が並ぶ、大きな団地があります。約、40年前に創設されています。当時は市内で働く労働者のための住宅政策として、活気的だったということです。いわゆる高島市営住宅、団地ですが、今、かなり、老朽化していること、ひとり住まいの高齢者が急速に増えていて、その対策が急がれています。
そこで、住宅整備課は、「高島団地(仮称)元気の館整備事業」を実施しようとしています。それは、一人暮らしの高齢者の居住と、お互いに支えあうことの可能な共用のリビングスペース、地域住民にサービスを提供する「高齢者支援施設」、地域の人が利用する「地域交流スペース」を合わせ持った賃貸住宅なのです。以前、前市長が「町内会の役員から一人暮らしのお年寄りが増えていること、安否確認も含めて大変だと聞いている」と言っていたそのことばの内容が全て含まれている事業だということが、実施方針を読んですぐわかりました。この事業も前市長が行ったトップ・ダウンの一つなのです。一見よさそうに見えるこの事業、しかし、これからの市営住宅を考える上で大きな問題を含んだ事業なのです。
それは、プロポーザル方式を使い、市有地を31年間民間に貸し付けて、居住部分は事業者が運営するのです。ですから、当然、家賃も高額になる可能性がありますので、高島団地に住んでおられる方は入れない可能性があります。市の敷地に建てる住宅だけれども、民間の賃貸住宅になのです。「公営住宅法」には準拠しません。とありますが、そもそも、「公営住宅法」の主旨はなんなのかということです。      
ひとり暮らしのお年寄りをほんとに地域で支えあうことができるためには、市が責任を持つことができるような施策を本気で考えましょう。

              稲 葉 泰 子  記                                                                                                                    

藤沢事務所が国政選挙事務所に。大変だ。 2005/08/25 (木)
 昨日の夜、藤沢かずや事務所(自宅のとなり)に沢山の人が集まって、「頑張ろう」と、大きな声で唱和し、腕を突き上げた。 
 衆議院選挙1区予定の植本かんじ候補の事務所開きだった。せまい事務所での屋内の事務所びらきだったから、大変だった。今は、朝9時ぐらいから、事務所担当者が集まっていろいろ、取り組んでいる。夜はいつも12時、それをすぎることもある。8月30日の公示以後、9月11日までは、朝6時から、選挙の候補者や要員が集合し、候補者カーが事務所に帰ってくるのが、夜9時すぎることもありそう。
 候補者カーの準備、日程の確認、要員の確保などなど。12日間は大変だ。候補者がいちばん大変。元気で頑張って欲しい。
 でも、今の小泉自民・公明政治で、いじめられている国民がもっと大変だ。「郵政民営化NO」、「大増税は許さない」、「平和をまもれ、改憲は許さない」
 勝利にむけて、事務所の機能を発揮できるよう取り組む決意だ。
 大きな応援をして欲しいものです。  事務所 TEL245-3898
    藤沢 かずや
 

市長の退職申し出には反対しました。 2005/08/24 (水)
今日臨時議会が開かれました。市長の退職申し出が議会に問われました。議会が認めなくても公職選挙法では、立候補の届出をした時点で失職となります。勝手に立候補するのは自由ですが、議会に問われたら
無責任に市政を投げ出すことは認めるわけにはいきません。
国体を前にした大事な時に市長不在も問題です。しかし
もっと問題なのは萩原市政の中での数々の問題・失策(これは我が党市議団の出した声明をご参照下さい。HPにUPしてます。)、その課題を残したまま市政を放り投げることは市長として無責任であるとの理由です。私たちを含め9人の議員がこれに反対しました。
傍聴に来ていた多くの方々も、日本共産党の反対討論はよかった!と言ってくださいました。市民の気持ちを代弁してくれたと!
市長を国会に担ぎ出したのは自分の力だと自慢している市議もいると
地域では評判になっていますが、そんなことは市民の気持ちとかけ離れているんだ!ということがつたわる選挙結果にしなくてはいけません。
総選挙、目前!がんばります!!
記・竹永みつえ

岡山2区の選挙民として 2005/08/23 (火)
 衆議院選挙の公示が目前です。毎日テレビをみると、「政治」という世界で「自分のいうことに従えないものは、政治家としての息の根を絶つ」という「脅し」のすさまじい諸業が報道されています。岡山2区も大騒動です。選挙民は怒っています。まさに「カづく」の強行です。有権者は、それを人ごととは思っていないと思います。だって、このやり方が国民に向けられたら、「国策に反対するものは生命を絶つ」ということになりかねませんから…。こういうのをファッショというんじやないでしょうか。
 この4年間ふりかえると、大企業が同じようなことをやってきました。
リストラと称して大量の働く人の首をきリ、若い人を不安定な雇用で働かせて、大もうけをしてきたのです。人を死ぬ程働かしてまで大もうけする大企業と民間大企業のために躍気になって郵政民営化を進める小泉流自民党政治が重なって見えてきます。政治はいったい誰のためにあるのでしょうか。まちを歩くと、「このままでは日本はだめになる」という声がきこえてくるのです。でも、みんなあきらめたりしていません。だけど、、銀行から献金をもらっていたらこんな大企業のための政治はかえれないよね。共産党はもらっていません。
 そうそう、民主党が比例定数を80減らすという公約をしています。「ムダを除く」項目だそうですが、一番のムダ使いは政党助成金年間300憶円の方じやないですか。これはちなみに400人を超す議員報酬になるそうです。国民の声を届けg議員はムダではありません。
 目の前の政治をしっかり見ないといけない選挙です。
            崎本としこ・記




Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] → Next



| ホーム | TOP | 団日誌書込み | |
CmfDiary(ver1.11)