| ホーム | TOP | 団日誌書込み | |

Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] → Next

今日は・・・ 2006/11/10 (金)
今日は議会での会議等はありませんでした。
なのでとくに議会での動きはありません。
議員さんはそれぞれ各地で活動をしていま〜す!!
議会での会議がない日でも地域で活動をする議員って大変だなぁと思いました。


2つの委員会 2006/11/09 (木)
実は昨日、総務委員会もありました。
総務委員会には田畑議員が参加をしています。(田畑議員は総務委員長をしています)

朝から委員会の打ち合わせがあったりして大変です。
 
実は私は昨日文教委員会の傍聴に行ってきました。いつも傍聴する環境・消防・水道委員会とは全然雰囲気が違いました。それぞれの委員会で雰囲気は違って当然ですが、あんなに違うとは・・・。

今日は文教員会がありました。 2006/11/08 (水)
女性の脅迫で逮捕されていた中学教員が窃盗で再逮捕されるという事態になり、教職員の資質向上についての議論がされました。
その中で、教職員の不祥事が年々増えていることがわかりました。
教育委員会は、全職員対象に教育長自らが話しをするという研修をもうけるなどの対策がいわれましたが、委員からは理想的な研修で本当に対応できるのかという疑問が相次ぎました。
先生は文部科学省からの「自己評価制度」や「指導力不足教員の取り扱い」の導入で落ち度がないようにという気持ちになり、教員自身としてのほこりがもてない状態で苦しんでいます。
ますます教員をしめつける方法ではなく、教育長・校長・教員一丸となってゆとりをもって仕事ができるように取り組む必要があるのではないでしょうか?

1億円のムダづかい・・・ 2006/11/07 (火)
来年4月に一斉地方選挙が行われます。
前回は、2003年3月に市長及び市議会議員同時選挙がおこなわれました。萩原前市長は松本元市長がチボリ選挙で市長・市議同時選挙を分離選挙にして1億円のムダづかいをしたと批判し、同時選挙を行いました。ところが昨年9月、自分が国会議員になりたくて市長・市議選を分離して約1億円のムダづかいを強行。自分のことは許せるんですね・・・。

小規模作業所と議員との懇談 2006/11/06 (月)
障害者の地域支援事業について、小規模作業所連絡協議会(小作連)から市議会に陳情が出ています。継続審議になっていますが、実態をつかもうという声が議会の中であがり、無所属市民の会の呼びかけで今日懇談会をもちました。雨にもかかわらず小作連から17名の関係者が参加。議員は12名の参加でした(新風会・公明党が欠席、残念でした) 具体的に11項目の点について事例や実態をふまえた現場の生の声をききました。「1割負担はキツイ!」「リハビリに行けなくなって機能がおちてしまった」「仕事に行って利用料を払うのはとんでもないこと」「地域支援事業と自立支援事業の重複利用を認めてほしい」「時間単価になり、作業所の運営が困難になった」「実績をつくるために無理して作業所に来るようにとはいえない」など切実な声が出されました。
制度改善のためさらに関係者とともに努力をつづけたいと思います。
制度改善のシンボルマーク『イエローリボン』バッチ(1個300円)を普及しています。あなたもその胸に!!

運動は市政を動かします!! 2006/11/02 (木)
みなさん、障害者福祉で岡山市が独自にサービス枠を引き上げることになりました。皆さんの運動が実ったものです!!

 Kさんは、9月末まで1ヶ月413時間のサービスで1人暮らしを続けてきました。それが障害者自立支援法の実施で1ヶ月124時間に減りました。再申請をして230時間まで戻ったものの、とても不十分。10月は遂に、自費負担でなんとかしのぎましたが、11月からはやっていけないと悲痛な叫びを市長に届けてきました。もちろん日本共産党市議団はこうした声に寄り添ってきました。今回の改善はKさんだけではなく、市内の重度障害者や各障害者団体・家族・事業者が何度も事態を告発し運動してきた成果です。運動は市政をうごかします。これからも独自助成の実現などがんばっていきましょう!!ネバーギブアップです!

深てい小跡地に病院?? 2006/11/01 (水)
今日は都市活性調査特別委員会がありました。
旧深てい小跡地の活用方法はまだ検討中。にも関わらず川崎病院は、旧深てい小跡地に「移転建て替え」をすることが決まったかのような独自のビラを作成し、内山下・深てい地区・表町商店街などに配布し、外来患者にも届けています。
 市議会では、このことが10/24の一般会計決算委員会と11/1の都市活性化特別委員会で大問題になりました。当局は「市は関与していない。誠に遺憾である。川崎病院に中止を申し入れる。」と答弁。
 市民の教育財産である跡地を川崎病院が一方的にまるで市が決めたように建て替えをするかのようなビラを出すことはルール違反でもってのほかです。議会の両委員会では市の対応のまずさが厳しく指摘されました。共産党は「学区住民の意見を尊重し総合的判断を」と求めています。

議会のうごき 2006/10/30 (月)
今日は一般会計決算審査特別委員会があり、田畑議員・藤沢議員が参加をしました。
今日の委員会では、経済局と教育委員会の決算審査を行いました。
経済局では、クラインガルテンの利用状況・岡山市農業委員会のとりくみ・土地改良事業等が問題になりました。岡山市の農業や商業・工業の施策が市民のための施策であるべきだとの指摘を行いました。
教育委員会の決算審査では、大野小学校の豪華な温水プール・すこやかトイレ事業など教育の現場で子どもにとって格差が生じるような状況は問題だと指摘しました。平成8年度243億あった教育費(全体の10.8%)が平成17年度178億円(全体の7.7%)にまで減っている状況をとりあげ、将来をつくる子どもたちに豊かな教育が保障されるよう求めました。
 なお、7日間にわたる一般会計決算の採決が行われ日本共産党岡山市議団は歳入・歳出ともに問題を提起し反対をしました。

議会のうごき 2006/10/26 (木)
今日は「企業会計決算審査特別委員会」がありました。
工事や改修、修繕工事の入札及び委託事業のあり方が議論になりました。市場会計でも水道会計でも100%入札があり、理由の納得できないずい意契約で高落札率(95%以上)が問題になりました。
病院事業会計でも単独見積もりのずい意契約があり、金額は年々下がっているが、やはり競争入札がよいのではないかとの指摘が相次ぎました。
平成17年は吉備病院を売却した年です。60床の病院が土地つきで1億5600万余で民間に売られたのです。これには反対。公立で建て替えるべきでした。
今、公立病院の役割が問われています。市民病院は救急車の13.8%を受け入れており、大切な役割を果たしています。「救急を絶対にことわらない」努力を続けています。公立ならではの努力が実を結ぶようになるのです。平成17年決算には未払いの成功報酬が7410万未払い金のまま残してあるのもおかしい話です。スゴイ金額ですね。認められません!!

議会のうごき 2006/10/25 (水)
今日も特別会計決算審査特別委員会と一般会計決算審査特別委員会が開かれました。
一般会計決算審査特別委員会(4日目)、消防局関係では平成18年度からの国の整備指針見直しにともない、岡山市の消防力の基準が特に消防職員の面で後退していることがあきらかになりました。国の指針によれば、消防車や救急車にはそれぞれ5人の乗車が示されています。岡山市は現在3人の乗車体制。消防車・救急車を持つ出張所から2台が出動すれば出張所の職員は0になり、シャッターを閉めてしめてしまうことになります。当局としても職員の充足率が国の整備指針の見直しにより68.6%から61.1%に下がったことから、消防職員の不足を認めています。今後予想される南海地震等も考慮しながら職員ならびに消防機材の整備に取り組むと答弁しました。その他消防ヘリコプターについて本当に必要なのか、岡山県からも一定の助成を求めるべきではないかとの指摘がありました。午後からは、市民局の決算審査。町内会組織、支所のあり方、街づくり活動支援事業などについて審査を行いました。

Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] → Next



| ホーム | TOP | 団日誌書込み | |
CmfDiary(ver1.11)